コンテンツへスキップ

雑草のように生えるムダ毛たち

私は青春真っ只中の高校生時代から、超がつくほど毛深くしかも剛毛です。場所はワキはもちろん腕、足、指、顎など広範囲で、特に足は濃さもあり、足だけみると間違いなく男性に間違われるほどで、下手すると男性よりも大量かもしれません。

そんな私はとにかく夏が大嫌いです。冬は黒タイツをはき、顎はマスク常備で完全防備ができますが薄着の季節はそうはいきません。

年を重ねるほどに顎の毛をピンセットで抜く技術は日々養われ、高価なファンデーションを使用することでカバーすることはできるのですが、肌がピチピチな友人に会うたびに何故同じ女性なのにこんなに違うのか...と落胆します。毛深いことで自分に自信がなくなることも多いです。

指の毛はつい処理を忘れてしまうこともあります。

ママ友とのランチ会で処理を忘れていたことに気づいたときには、必死に指を隠したり、爪で毛を必死に引っ張り抜いた経験もあります。

そしてワキ毛も剛毛なので、海に誘われると血の気がひいてしまいます。処理をしても黒いポツポツが目立ち、ビーチバレーなんてもってのほかです。純粋に海を楽しんだ記憶がなく、悲しい気持ちにもなります。

そんな私の人生最大の恥ずかしい経験は、大学生の頃の話です。

当時、はじめて付き合うことになった彼氏のことが大好きで、絶対にムダ毛のことを悟られてはならないと処理に気合いを入れる日々でした。

しかし時間とともに徐々に慣れが生まれ、基本めんどくさがりの私は冬に風邪気味だったこともあり処理をサボりがちになってしまいました。

あるデートの日、今日は昼までしか会えないからと油断したのがいけませんでした。たまたま出かけた場所になんと足湯があり、入らなければならなくなったんです...   若かった当時の自分には上手く断る理由も見つからず、結局足をさらけだすことに。

足首だけにも関わらず、まるでひじきのような毛がうじゃうじゃで、顔から火がでるかと思いました。

当時の彼は優しく、絶対気づいたのに気づかないフリをしてくれましたが、私のほうが怖じ気づいたのか、自然とその恋は終わりを迎えました。

それからはそのことを教訓に、日々ムダ毛対策の新商品には目を光らせる日々です。

雑草のように処理しても処理しても出てくる自分のムダ毛、来世は男に生まれ変わったとしてもツルンツルンのお肌を手に入れたいと心から願っています。